「面接前にこのポーズをとれ、ボディランゲージが人を作る」

MENU

「面接前にこのポーズをとれ、ボディランゲージが人を作る」

【スピーカー】
AMY CUDDY/エイミー・カディ氏

 

 

動画は日本語字幕です。
残念ながら日本語の吹き替えはありません。
社会科学者であるエイミーカディ氏が、自身の経験を交えつつ、姿勢や体の動作から自分の心や気持ちを変えていく方法を語っています。

 

私たちのするボディランゲージは、自分に対する他の人の見方に影響しますが、自分自身の見方にも影響します。社会心理学者のエイミー・カディは、自信のないときでも自信に溢れる「力のポーズ」を取ることで、脳内のテストステロンやコルチゾールのレベルが変化し、成功できる見込みも変わるのだと言います。

 

ボディランゲージの重要さは古くから知られていますが、いってみれば、その効果的な様式を技術として使おう、的なお話しです。
人間のフィジカルなポーズや動きが人や、そして自分の心にまで影響を与えるという知見がベースで、とても分かりやすい説得力を持ったプレゼンだと思います。

 

ただ、その内容についてのコメントの中には、

 

こんな啓蒙に引っかかってはダメだ。
無理に引き出した勇気は長続きしない。
自然に奮起できるものに接した時の、自然な奮起こそが役に立つんだ。?

 

といった批判的なものもあります。
ただ、多くの感想は、

 

良いプレゼンだった。
確かに、なりたい自分のふりをなったつもりで行動してると、しばらくは違和感あるんだけど、続けているといつのまにか自然にできて本当にそうなってたっていう経験ある。
演技はやがて真実になる。それがたった2分間のポーズでも変わってくるっていうんだから面白い!?

 

というように好意的なものでした。